生きることってなんですか? | 大谷中学校卒業記念講演

大谷中学校

大谷中学校卒業記念講演

昨日は、午前中から薬物乱用防止教室の講演。
神奈川県海老名市の大谷中学校で一人芝居しました。

前夜、海老名に入って、朝の7時から体育館で設営始めました〜(はやっ)
いつもながら…そこにあるもので舞台を作る。
どうなるのか??
ドキドキだけど…結構楽しいんですよ。
今回の照明は投光器4機です。
幕も舞台前面にしかありません。
これらでどうやって雰囲気を出すのか?

ひらめいたあぁ!!

両袖の幕は箱に固定して舞台内側に引き込み奥行き感を出す!
投光器は2つのみをやや下から照らしあげ少し怖い雰囲気に!!
こんな感じ〜(写メを見てください)

この苦労も楽しみのひとつ(笑)
体育館も学校によって、それぞれ違います。
その体育館を、その体育館にあるもので芝居を観やすい環境にする。

いつも稽古場では、いろいろなものを利用して疑似セットを作るのですが、
ここは本番なんです!

この日は、もうすぐ卒業を迎える三年生約200人の前で一人芝居。
皆真剣に観てくれました。

最後の質問で一人の少女が涙をこらえながら…

「生きることってなんですか?」

俺も泣きそうになったよ。
そのまっすぐな瞳を見てたらね。

「全てを受け入れて進むこと!」

俺には、そうとしか答えられませんでした。
こうして、心動かされることも生きること。

彼女の涙をこらえる姿…勇気に変えて活動続けてゆきます。

大谷中学校のみんな、本当にありがとうございます。

今日一日ありがとうございます。


学校などでの公演が多く、一般で見られる機会が少ないかと思います。
観劇希望、公演依頼がございましたらお問い合わせください。
また、この活動についてシェア拡散のご支援いただけますと幸いです。

お問い合わせ

Comments

comments

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です