薬物依存症

薬物とは
薬物依存症とは
薬物を使うきっかけ
家族・友達に薬物依存症者がいるとき
薬物依存症を回復するには
共依存症とは

 

薬物とは

マリファナ、シンナー、LSD、MDMA、危険ドラッグ、覚せい剤などの違法薬物だけに限らず処方薬、市販薬、薬と名の付くものは服用の仕方で人体へ影響を与え、依存症へとつながる(医師からの支持を守り服用すること)自身も薬に対して知識を持つことが大切である。
危険ドラッグのように法にはかからないが人間の心と体をむしばむ恐ろしい薬物が世間で多くなって来ている。
欲求を満たす為の道具、だから人の心に入り込む、薬物事犯は再利用が半数以上という現実がある。

 

薬物依存症とは

一度おちいると回復はあるが完治はなく、一生、一日一日闘い続けなくてはならない病気。
薬物がなくては生きられない状態。生きるために薬物を使うし使うために生きている悪循環。
依存症の裏には必ず共依存症という病気の人間がそばにいる。

 

薬物を使うきっかけ

若者は興味本位がほとんど。
悩みや苦しみから逃げるためというのは後から足した言い訳である。(苦しみから逃げるというよりは喜びを感じ求めるため)
薬物使用から薬物依存症まで行くのは環境も大きいし薬物を使う前までの生き方も、のちの回復の度合いにも影響してくる。

 

家族・友達に薬物依存症者がいるとき

一人で悩まないでください。まずは家族が家族会などとつながり薬物依存症という病気について学ぶこと。
同じ苦しみを持つ家族などの話を聞き参考にする。
良い仲間がいれば人は必ず立ち上がることができる。
もちろん依存症専門の病院へ行くことも大切です。
薬物依存症は病気であり自分たちの力だけではどうすることも出来ない。
そして家族も薬物依存を支えてきた共依存症という病気であることを知り、病院や回復施設などと関わり自身の回復に務め、お互いに回復向かって行くことが大切です。

 

薬物依存症を回復するには

家族がすべきことは愛ある突き放し。大切だからこそ、距離を取ること。
自分は自分、生きるも死ぬも自身で決めることである。
お互いにそれくらいの気持ちで闘う必要がある。
社会復帰はかなり難しい。
今後は日本としても回復施設や仕事につなげる法律やシステムを作っていかなくては大変なことになる。
こうすれば回復できるというのはハッキリと言えないが、経験者のなかから自分と似たタイプなどを探し回復の自信をつけることも大切です。
自分の心のなかにあることを吐き出すこと、人に話すだけでも人は救われる最後は自分、自分を大切にすること。

 

共依存症とは

依存症のとなりには必ず共依存症の人がいる。
私は依存症は人間関係のなかから生まれる病気だと思う。
そこに薬物、アルコール、DV、SEX、パソコン、スマホ、ギャンブルなどさまざまな要因が重なり、根本は人間関係の問題だと感じている。
コミュニケーションが希薄な人間関係につながり、本当の意味での人と人とのつながりを持つことが出来ない。
この人の為にとっている行動が依存症者を支える共依存症者になっていると思う。
「私がこれだけしてあげてるのに何でこの人は!」そう思い始めたら共依存症への危険信号。
人の問題を自分の問題にしてしまい、それで苦しむこと。

Top