柿生地区社会福祉協議会主催の薬物乱用防止教室! | 白鳥中学校(神奈川県川崎市)

柿生地区社会福祉協議会主催の薬物乱用防止教室!
なんと四年連続になります。地域の子どもを守ろうと懸命働きかける大人の姿、行動力に感謝です。
小さな体育館で約700人ほどの子どもたちと福祉協議会の方々。一人体験劇の始まりは暗転から!暗くなると子どもたちは「ウォー!」と小さな歓声をあげる(笑)俺も子どもの頃に暗い体育館で劇を観た時はちょっとドキドキし心踊ったのを覚えています。自分たちの学び舎の体育館で体験劇を観て聴くことは子どもたちの心に残ると確信します!

白い布を被った私が出てきて薬物に溺れて行く様子を言葉なしのパフォーマンスをする。徐々に集中する子どもたち!白い悪魔が大きな笑い声を発すると、子どもたちにも緊張感が走る!何が起きるのかという不安とワクワクが増してきて集中力もあがります。
子どもたちとの間に生まれる空気や感覚。私も子どもたちも同じ空間を共有していることをしっかりと感じながら一人体験劇は進んで行きます。意識が離れると体験劇も力を無くします。観ている子どもたちと一緒に作り上げて行くのが体験劇の良さであり、楽しさであり、ヤリガイであります!だから続けてこれたんだと思います。

そこで生きること!
その場で思い感じること!
まっ白な心で無心でいられたらいいなと実感した時間でした(≧∇≦)

「子どもを守る大人たち」
ありがとうございます。

私は子どもがいませんが子どもたちと関わらせていただき本当に楽しいです。うれうれしいです。来年もまた柿生地区での公演が出来るように活動続けて行きます。

今日一日ありがとうございます!


学校などでの公演が多く、一般で見られる機会が少ないかと思います。
観劇希望、公演依頼がございましたらお問い合わせください。
また、この活動についてシェア拡散のご支援いただけますと幸いです。

お問い合わせ

Comments

comments