尼崎の想い出

一人芝居

今日、9/1付産経新聞 朝刊「My Life 前を向いて」に私の記事が掲載されました。
取材していただき、ありがとうございます。
覚醒剤依存、家族の経験演じる「人間を化け物にする」脳裏に焼き付けて

産経新聞

これまで公演でさまざまな学校で芝居をしてきました。
北海道から熊本まで(^○^)まだまだ行けていない地域もたくさんあるので、全国制覇を目指して頑張ります!

地域や学校によっていろいろと面白いことがあります。
例えば兵庫県尼崎の中学校に行った時ですが…
体育館で体育の授業中、私が舞台上でストレッチや発声をしているとバスケットボールをやっている一人の子どもがこちらに来て、

『おっちゃん今日、芝居すんの?』
『そうだよ。薬物体験の一人芝居やるよ』
『写真よりええ男やな〜』

と走り去って行きました(笑)
さすが関西人!!︎子どもながら話術は身に付いているんですね。
きっと事前に一人芝居のプロフィールなどを見ていたのでしょう!

そして尼崎での本番、いままでで一番騒がしかったかもしれません。
太鼓の音とともに白い布を被り舞台上にあらわれると…

『はい、さっきのオッちゃん出てきたで〜』
『ほんまやで〜』

みたいな声が聞こえてきます!
「やりづらいな…」などと思いながらも台詞に力を込め真剣に演じました!!
すると…時々、小声がするものの、いつの間にか子どもたちは集中し、静かに芝居に観入ってくれました。
舞台が終わったら、みんながドット押し寄せて『一緒に写真撮って』などと囲まれる始末(汗) 最後は校長室まで押し寄せてみんなで話したり、写真を撮ったり、サインまでねだられるほどの盛り上がりになりました。

学校の体育館は夏は暑く冬は寒い、だからこそ子どもたちの頭の中、心の中に残る何かが生まれるんだと思います。
尼崎、また行きたいです!

他にもいろいろな学校を回って来ましたので、そのお話は別の回でお話しさせていただきます!!

今日一日ありがとうございます。


学校などでの公演が多く、一般で見られる機会が少ないかと思います。
観劇希望、公演依頼がございましたらお問い合わせください。
また、この活動についてシェア拡散のご支援いただけますと幸いです。

お問い合わせ

Comments

comments

コメントをどうぞ