読売新聞6月27日付 朝刊の「顔」に掲載されました。

読売新聞6月27日朝刊

こんにちは。
サイトリニューアル初のブログを投稿します。

私の1人芝居「ADDICTION(依存症)〜今日一日を生きる君〜」が、
読売新聞6月27日付 朝刊の「顔」(2面)に掲載されました( ^ω^ )

読売新聞「顔」

今年で活動も十年目を迎え、必死に走ってきた十年間。
今回の取材を受け、あらためて、今までを振り返り、
これからも一生懸命に思いを込め活動を続けて行こうと決意しました。

先日、池袋で脱法ドラッグによる事件が起こり、ひとりの尊い命が失われました。
犯人は薬物による錯乱状態で何も覚えていないようです。
これも現実です。

数カ月前に薬物所持、使用で捕まり執行猶予中にまた使用で捕まった人の裁判がありました。
判決は「執行猶予+医療機関への通院」

再犯防止のための動きも出て来ています。
薬物に関する規制や制度はどんどん変わって行かなければいけないと思っています。
ただし、いくら法律が変わろうと規制が厳しくなろうと一番変わらなきゃならないのは自分自身であると私は思っています。
薬物乱用防止すること、そして再犯の防止。
とても難しい現状であることは間違いありません。
私に出来ることは、薬物と関わることの怖さや現実を感じてもらえるように知ってもらえるように活動を続けるしかない。
もちろん自分が2度と薬物に染まらぬように一人芝居と体験談も続けてゆこうと心に誓いました。
そして違う形でのアプローチも考えて行きます。

明日の国連薬物乱用防止デー・イベントにもたくさんの人が集まりたくさんの人と明るい未来に向かっていく建設的なイベントになるように頑張ります( ^ω^ )


学校などでの公演が多く、一般で見られる機会が少ないかと思います。
観劇希望、公演依頼がございましたらお問い合わせください。

お問い合わせ

Comments

comments

コメントをどうぞ